無呼吸症候群 治療方法

無呼吸症候群の治療方法について

眠っているときに知らず知らずのうちに呼吸の出来ていない人も見られます。

 

このような症状を睡眠時無呼吸症候群といいます。大きないびきをかいていると指摘されたことのある人は注意です。自分はきちんと眠っているつもりでも、実際にはきちんと眠れていなくて日中意識を失ってしまう人もいます。睡眠時無呼吸症候群は、いくつか治療法があります。

 

軽度な症状であれば、マウスピースを装着して治療することがあります。下あごを上あごよりも前に出てくるように固定することで、気道を広げ、眠っているときに空気の通り道を確保する方法です。中等症くらいまでであれば、マウスピースを装着するだけでも治療効果は十分期待できます。

 

欧米や日本でも普及しつつある治療法に、CPAP療法があります。機械を使って睡眠中、気道に空気を送り続ける方式です。

 

気道がふさがってしまうことで無呼吸状態になるわけですから、人工的に空気を送り続けて気道を広げておけばいいわけです。鼻にマスクのようなものを装着して、眠ってもらいます。気になって眠れないのではと思う人もいるでしょうか、タイトレーションといって、心地よく眠れるように微調整を行います。

 

アデノイドや扁桃肥大などが原因で睡眠時無呼吸症候群を発症するケースもあります。その場合には、空気の通り道の弊害になっているものを取り除くという手法が取られることもあります。小児で睡眠時無呼吸症候群を発症している場合に取られることが多いです。

 

トップページ