朝起きれない原因

朝起きれない原因について

目覚まし時計を何個セットしても起きられない、仕事に遅刻することが多くて上司に叱られることも多いといった悩みを抱えている人はいませんか?朝起きられないのは自分の意志の弱さだと思っている人もいるようですが、実はもっと別のところに原因のある可能性も考えられます。

 

セロトニンの分泌量が何らかの理由で減少すると、朝起きられなくなります。セロトニンは精神安定の役割のあるホルモンですが、他にも朝の覚醒を促す働きも含まれます。もし朝になってセロトニンがうまく分泌できないと、なかなか起きられなくなります。

 

自分ではきちんと眠っているつもりでも、実は眠りが浅いということもあります。その結果、睡眠時間を十分とってもね足りないような感じになってしまって、なかなか朝起きられないということも考えられます。夜遅く食事をすることが多い、寝酒をすることがしばしばな人は眠りの質が悪くなってしまいます。

 

食生活が関係して、朝起きられないというケースもあります。たとえば外食ばかり食べていて、栄養バランスが偏っていると特定の栄養分が慢性的に不足している状態になります。

 

そうすると朝になってもなかなか体が目を覚まさずに起きられない状態に陥る可能性もあります。もし食生活の方よりに自覚があれば、野菜や果物などを意識して摂取してみることです。口コミサイトを見ても、栄養バランスを意識することで寝起きがかなり良くなったという体験談も紹介されています。

 

トップページ